こころを元気にする神戸のアートスペース:アート教室、アートを通じたボランティア・イベント開催

ようこそアトリエへ

元気に学校に行っている子も、行っていない子も、
発達障害を抱える子も、絵が苦手な子も、みんなみんなウェルカム!

元気に学校に行っている子も、行っていない子も、絵が苦手な子も、障害を抱える子も、つらい体験をした子も みんなみんなウェルカム!

急速に発達し続ける情報技術。手の中に収まる通信機器で、私たちはいつでも世界中の人たちと瞬時につながることができるようなりました。多くの人々とつながる中で幸せの形はより多様化し、個性を大切にしながらそれぞれが持つ能力が発揮できる場を求める人たちが増えています。アーティストやスポーツ選手だけでなく、どんな職業でも今や舞台は世界です。

こうした中、子どもたちには以前のように指示されたことをその通りにこなせることよりも、主体性を持って課題に取り組み、試行錯誤しながら達成することができる力、つまり、思考力、表現力、創造力、チャレンジする力、コミュニケーション能力が「生きる力」として注目されています。
アトリエは自由なアートスペースです。共通したテーマや「これだけは必ずやって帰りなさい」といった課題はありません。最低限やらなくてはならないことがないのと同時に「まだ小さいからこれは無理」や、「ここまでにしておこう」というチャレンジの制限もありません。
「やってみたい」意欲を全面的にサポートして、子どもたちはどこまでもチャレンジし、自分を高めることができるのです。表現し、創造することで心を安定させて意欲を育て、それぞれが持っている能力を伸ばします 。また、保護者と共にお子さんの心を含めた発達の状態を共有し、その時々に必要な環境を整えて「生きる力」の土台をより力強いものにします。

また、発達障害を抱える子どもたちも、それぞれに素晴らしい力を持っています。 自由に創造し、表現して様々な想いが受け止められるアトリエは、心を解放して、本来持っている能力を発揮して、伸ばせる場所です。自分のペースとスタイルで過ごせる場は、それぞれの力をさらに伸ばすためにも、その子らしくいるためにも不可欠です。

元気に学校に行っている子も、お休みしている子も、障害を抱える子も、つらい体験をした子も、アトリエで心を元気にして、夢を追いかけ続けてほしいと願っています。



ドクターの声:

24年前の阪神淡路大震災で災害後の「こころのケア」が大事であることが広く知られるようになりました。
これまで、安心して過ごしていた場所を奪われ、周りで多くの人が亡くなるといった日常にない体験は、年齢を問わず、誰にとっても大変な体験でした。とりわけ、子どもにとっては恐ろしい体験でした。

「こころのケア」に関して、当時、ある著名人が、「画用紙とクレヨンを子どもたちに渡せばいいんだ」と言ったと、四半世紀に近く時をすぎて詳細はあいまいですが、報道されたことを覚えています。
そしてそのことに、憤りを覚えたことは記憶に残っています。
恐ろしい体験をした後、その時に感じた様々な感情を自分の中に閉じ込めず表現することは、心のバランスをとるうえで大切だと言われています。
この意味で、絵を描くことで言葉にできない自分の思いを表すことは、子どもたちにとって良い体験になると思います。
けれども、一つ、そして、極めて大切なことが、震災直後の著名人の言葉には欠けていました。
それは、子どもたちが言葉にならない思いを絵の中に表現している時に寄り添い、表現されたものを受け止める大人がいることの大切さです。

絵を描くこと自体のもっている力もあります。でも、子どもたちにとっては、見守り受け容れてくれる大人の存在が大切です。これは、災害後に限らないことだと考えています。

井出浩先生

関西学院大学教授 井出浩先生

神戸大学医学部附属病院精神神経科、神戸市児童相談所(現神戸市こども家庭センター)を経て関西学院大学人間福祉学部教授。
日本児童青年精神医学会代議員、社会福祉法人神戸いのちの電話理事
お知らせ
2019/12/05

11月のあおぞらレポート

11月のあおぞらレポートはこちら!
http://fujii-kozaru.dreamlog.jp/archives/4583344.html

[ →全文を表示 ]
kugiri
2019/11/17

今日11月17日のあおぞら色彩楽園

予定通り公園で開催します。
今日は神戸マラソンです。交通規制がありますので、お気をつけてお越しください。
今年最後の公園での開催です!

時間内いつでも出入り自由、受付は15:00までです。
「描きたくなったら描く」「描きたいものを描く」「描きたいように描く」自由なアートスペースです。
受け入れ可能人数40組程度。参加者多数の場合、お待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。

日時:11月17日(日)13:30~15:30(受付15:00まで)時間内出入り自由
会場:大倉山公園(神戸市営地下鉄大倉山公園すぐ)
参加費:無料 ☆あおぞら募金にご協力下さい。

*誰でも参加できます。絵の具で汚れても良い服装でご参加下さい。
*参加者及び作品の写真を会報、HP等に掲載させていただく場合があります。*参加者多数の場合、お待ちいただく場合があります。
*問い合せ 色彩楽園TEL.090-3673-2473

[ →全文を表示 ]
kugiri
2019/11/14
kugiri
2019/11/11
kugiri
2019/11/05

11月のあおぞら色彩楽園

今年最後の公園での開催です。暖かい日になりますように。

時間内いつでも出入り自由、受付は15:00までです。
「描きたくなったら描く」「描きたいものを描く」「描きたいように描く」自由なアートスペースです。
受け入れ可能人数40組程度。参加者多数の場合、お待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。

日時:11月17日(日)13:30~15:30(受付15:00まで)時間内出入り自由会場:大倉山公園(神戸市営地下鉄大倉山公園すぐ)
参加費:無料 ☆あおぞら募金にご協力下さい。

*誰でも参加できます。絵の具で汚れても良い服装でご参加下さい。
*参加者及び作品の写真を会報、HP等に掲載させていただく場合があります。*参加者多数の場合、お待ちいただく場合があります。

☆雨の時は 神戸真生塾子ども家庭支援センター ロータリー子どもの家にて開催します(Tel.078-341-6492)
雨天会場の決定は当日10:00〜以下にてご確認ください。
Facebookページ https://www.facebook.com/AozoraOekaki/
色彩楽園ホームページ https://www.shikisaigakuen.com
*問い合せ 色彩楽園TEL.090-3673-2473

[ →全文を表示 ]
kugiri
2019/10/20

今日10月20日のあおぞら色彩楽園

晴れです!予定通り公園で開催します。
・時間内いつでも出入り自由、受付は15:00までです。
・「描きたくなったら描く」「描きたいものを描く」「描きたいように描く」自由なアートスペースです。
・受け入れ可能人数40組程度。参加者多数の場合、お待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。

日時:10月20日(日)13:30~15:30(受付15:00まで)時間内出入り自由会場:大倉山公園(神戸市営地下鉄大倉山公園すぐ)
参加費:無料 ☆あおぞら募金にご協力下さい。

*誰でも参加できます。絵の具で汚れても良い服装でご参加下さい。
*参加者及び作品の写真を会報、HP等に掲載させていただく場合があります。*参加者多数の場合、お待ちいただく場合があります。
*問い合せ 色彩楽園TEL.090-3673-2473

[ →全文を表示 ]
kugiri
2019/10/15

南予教育を考える集い

「災害時の絵による子どものケア〜大洲の子どもたちの足あと」
日程:10月29日(火)
会場:愛媛県歴史文化博物館主催:南予管内市町等教育委員会連合会 南予教育事務所
講師:藤井昌子

[ →全文を表示 ]
kugiri
子供の絵と心の講座 カラーヒーリングクラス 子ども、中高生のアトリエ
  • ボランティアスタッフ
  • サポート会員登録
  • アートグッズ、書籍のご購入
あおぞら色彩楽園