こころを元気にする神戸のアートスペース:アート教室、アートを通じたボランティア・イベント開催

Category : おえかきケアボランティア

line

2019/04/01賀川賞をいただきました!

賀川豊彦生誕100年を記念して、賀川記念館が行う事業を支援する各種団体から集まった人々で構成する「コア 100 賀川」より賀川賞をいただきました。http://core100.net/project/sengen.html

賀川賞の初代受賞者は、すでに鬼籍に入っておられる今井鎮雄先生だそうです。
今井先生にはあおぞら色彩楽園の原点となった、阪神大震災での子どものケア活動をとても評価していただき、喜んでおられました。
本当に光栄に思います。

賞状のメッセージをご紹介します。
「あなたは、弱い立場の人々のために
未来に希望を持つ子どもたちのために
また地球の環境を守るために
ご自分の時間を使い人知れず あるいは仲間を広げて 努力を続けてこられました
このようなあなたの行いは賀川豊彦とその仲間たちの献身活動を現代に引き継ぐ働きです

困難に遭ったとき
よい社会を創りたいとき
平和を求めるとき
人は問います『賀川豊彦はいませんか』と
私たちは『ここにいます』とあなたをもって応えます
あなたの働きにこころより感謝いたします

あなたの働きが 社会の中で消えない ともしびとなることを願ってここに賀川賞をお贈りいたします」

賀川豊彦:1888~1960年大正・昭和期のキリスト教社会運動家。神戸市生れ。米国のプリンストン大学を卒業後1909年に21歳で神戸に移り、無料巡回診療を始める。関東大震災での活動は日本のボランティア活動の原点と言われ、農民運動や協同組合運動にも携わった。小説『死線を越えて』は代表作。47、48年にノーベル文学賞、54年から3年間はノーベル平和賞の候補にもなった。

line

2019/03/17今日3月17日のあおぞら色彩楽園

<今日3月17日のあおぞら色彩楽園〜今年最初の公園での開催です!>

お待たせしました!春です!あおぞらスタートです!
春になりましたが・・今日はあまり気温が上がらない予報ですので、暖かくしてご参加ください。
また、お天気によって終了時間が早まることがありますのでご了承ください。

時間内いつでも出入り自由、受付は15:00まで。

「描きたくなったら描く」
「描きたいものを描く」
「描きたいように描く」

自由なアートスペースです。
受け入れ可能人数40組程度。

参加者多数の場合、お待ちいただく場合がありますので予めご了承ください。

日時:3月17日(日)13:30~15:30(受付15:00まで)   
時間内出入り自由
会場:大倉山公園(神戸市営地下鉄大倉山公園すぐ)
参加費:無料 
☆あおぞら募金にご協力下さい。

*誰でも参加できます。絵の具で汚れても良い服装でご参加下さい。
*参加者及び作品の写真を会報、HP等に掲載させていただく場合があります。*参加者多数の場合、お待ちいただく場合があります。

☆雨の時は 神戸真生塾子ども家庭支援センター ロータリー子どもの家にて開催します(Tel.078-341-6492)
雨天会場の決定は当日10:、Facebook あおぞら色彩楽園でご確認ください。
*お問い合せ 色彩楽園TEL.090-3673-2473

line

2019/02/25西日本豪雨愛媛県子どものこころのケア終了しました

2月25日、1月に列車事故のため延期になった、ケアの報告と研修会を実施しました。

6ヶ月間、お世話になった学童保育の先生方、保護者の方々、ボランティアで力を貸してくれた人たち、 松山東雲女子大学・短期大学「しのモン応援隊」のみなさん、 NPO法人ミラツクさん、そして 国立大洲青少年交流の家のスタッフのみなさんなどなど、みんなで子どもたちのこころのメッセージに触れながら、その再生力の大きさを改めて感じる時を持ちました。

最後は校長先生の涙もあり、子どもたちに支えてもらっていることをを感じて、また、明日への歩みに共に心を新たにできたように思います。

これをきっかけに子どもの絵に対しての理解が一層広がり、子どもの心の声を聞くことが広がって、被災地がまた一歩ずつあゆみを進めることができますように。
みなさん、ありがとうございました!

line

2019/02/20絵によるこころのケア研修会〜大洲の子どもたちのあしあと

西日本豪雨で被災した子どもたちは、絵を描くことを通して心を解放しました。学童保育スタッフや保護者とともに子どもたちの足跡をたどります。
愛媛県の子どもケアボランティアの総まとめです。
(1月に予定していましたが、アクシデントにより、下記の日程に延期しました)

日 時: 2月24日(日) 14:00〜16:00
講 師: 色彩楽園 藤井 昌子
場 所: 国立大洲青少年交流の家 クラフト室
対象: 菅田児童クラブの保護者、大洲市の児童クラブ職員、大洲市子育て支援課担当者、おえかきプログラムボランティア、国立大洲青少年交流の家職員
定 員: 30名程度<先着順>
 *募集は締め切りました
 *菅田児童クラブの方は、お子様の参加が可能です。
 *別室の遊び場で託児ボランティアスタッフと遊んでお待ちいただきます。
服装・持ち物:汚れてもいい服・飲み物
費 用: 無料 
*協力団体より画材代等のご寄付をいただいております。
協 力:NPO法人ミラツク・松山東雲女子大学・短期大学しのモン応援隊・国立大洲青少年交流の家・色彩楽園
主 催: えひめ心のケアプロジェクト

line

2019/02/05西日本豪雨子どものケア(最終回)〜2019.1.28

今月は報告も兼ねて前日に研修会を企画していただきましたが、これまでで最大のアクシデントが起こりました。
JR予讃線の事故により、藤井は会場にたどり着くことができず、やむなく直前に研修会の延期を決定したのです。

すでに会場におられた方々もいらっしゃったので、「えひめ心のケアプロジェクト」構成メンバーの松山東雲女子大学・短期大学「しのモン応援隊」の柴崎あい先生とNPO法人ミラツクの池田幸子さんが急遽おしゃべりカフェを開催してくださり、おえかきケアに参加した子どもたちの保護者や学童保育スタッフの方々が、この半年間の子どもたちや保護者ご自身のことなどを自由に話せる時間となりました。延期となった研修会は2月24日に開催予定です。

翌日、今月最終回となる第6回のおえかきケアを実施しました。
当初予定していた6回のケアは多くの方々のご支援をいただき、また、子どもたちが持っている力を発揮して順調に進みました。
(1月28日:国立大洲青少年交流の家)

アトリエとして、すっかりおなじみとなったクラフト室に入ってきた子どもたちは、最初から穏やかでした。
今日もやはり、好きなものを描いていい、つくっていい、そして外で遊んでもいいことを確認した後、元気よく絵の具テーブルに絵の具をもらいに行ったり、外に飛び出して行きました。

子どもたちは、絵筆で絵の具を溶かしながら、あるいは粘土をこねながら、表現しようとしているもののイメージを明確にしているようで、計画的に描いたり、つくったりする姿が多くありました。
どうすればすっきりするのか、どうすれば落ちくのかをどこかでわかっているかのようでした。

おえかきひろばを支えてもらった、大洲あおぞらボランティアスタッフたちです。半年おえかきひろばを支えてもらった、大洲あおぞらボランティアスタッフたちです。
半年間に渡って子どもたちと関わり、すべてを受け止めて作品と子どもたちの変化を見守ってくれました。

 終了後、スタッフから出たのは

「気がつけば子どもたちに癒されていた」
「こっちが元気にしてもらった」

という言葉です。
いつでも、どこでも、子どもの再生力に触れると、自然とこの言葉が出てきます。
本事業は2月の報告&研修会もって終了します。みなさん、本当にお疲れさまでした!

line

2019/01/17神戸の「あの日」は防災とボランティアの日

24年が経ちました。
「あの日」も亥年でした。

携帯電話もインターネットもなかった「あの日」、何が起きたのかを知るのに時間がかかりました。
まさか、これほどまでに信じられない光景が広がっているとは・・

家族や友人たちの安全が確認できた後、まず頭に浮かんだのは、

「子どもたちはどうしているんだろう?」
「この経験は子どもの成長にどう影響するんだろう?」
「子どもたちが20歳になったとき、この経験はどんな風に残るんだろう?」

震災から3日目、「救援物資でクレヨンを送ってもらえませんか?」と東京に電話をかけました。
すぐに、あおぞら色彩楽園の前身「空とぶ子どものアトリエ」がスタートしました。

子どもたちは実にたくさんの絵を描きました。
しかし、最初から絵を描くことができた訳ではありません。
お相撲をとったり、おんぶしてかけっこしたり、神戸のあちこちで一緒に遊びました。
その後、子どもたちは時が来ると小さな心の中に抱えた大きな衝撃や苦しみを絵で、色で、形で教えてくれました。
このときの子どもの心の回復過程は、今も多くの子どもたちに生かされています。

「あの日」、確かに私たちは多くの大切なものを失いましたが、今の子どもたちの心を支え、元気を取り戻すために必要なことを残してくれたのです。

神戸には、色彩楽園があります。
24年間で出会ったすべての子どもたちが、この場を守り、支えてくれています。
あの体験で得たもの、知ったこと、感じたこと、経験したことを今を生きている、そしてこれからを生きる子どもたちと分かち合うことをこれからも目指します。

line

2018/12/2912月26日、第5回のおえかきケアを実施しました!

12月26日、第5回の愛媛県子どものおえかきケアを実施しました。
8月以来の松山東雲女子大学・短期大学「しのモン応援隊」のみなさんをボランティアに迎えて、アトリエになった国立大洲青少年交流の家クラフト室はとても賑やかで暖かいスペースになりました。

ダンボール2箱分のトレイを届けていただきました!

しのモン応援隊のみなさんには、この日のボランティアだけでなく、絵の具パレットに使用している食品トレイを集めて頂いたり、12月に購入した絵の具や紙粘土の代金を募金で賄っていただきました。

この募金は、学生のみなさんがカップケーキを焼いて販売した売り上げが含まれています。
そのケーキの数1,000個以上!やはり、若いパワーはとんでもなく大きいですね。
子どもたちに寄り添いたいと思うその気持ちには、もう感謝しかありません。

今月の子どもたちは、これまでは画板代わりにしていたダンボールで家を作ったり、武器を作ったり、また新しい展開に突入しました。
どうしても暴れたくなった子たちは、外に出てダンボール箱を蹴飛ばしたり、戦いごっこにトライしたり、そのエネルギーも大きく、「この大きなエネルギーで乗り越えてきているんだ」と思わずにはいられませんでした。

 
相変わらずの人気は紙粘土です。子どもたちが集中する時間は回を追うごとに伸びていて、いつものことながら、あっという間の2時間です。

もうずっとお手伝いいただいているボランティアの方々、松山東雲女子大学・短期大学「しのモン応援隊」のみなさん、学童保育スタッフの方々、そして国立大洲青少年交流の家のみなさんに今回もお世話になりました。

絵による愛媛県子どものこころのケアは、来月最終回となる予定です。

しかし、その後地元のみなさんで子どもたちをサポートしていけるように、現在様々な方たちと共にアイデアを出し合っています。

子どもの健全な成長を支えたいと願う人達がこんなにたくさんいる限り、活動は形を変えたとしても続いていくと思います。

line

2018/11/29第4回愛媛県子どものこころのケア


 Ready forクラウドファンディングのプロジェクト、全3回のケアは10月に終了しましたが、「こころのケア」自体は続いています。
 11月27日、第4回のおえかきケアを実施しました。
 

 継続して来てくださっているボランティアスタッフともすっかり顔見知りで、子どもたちも自然と甘えたり、ちょっぴりわがままを言ってみたり、回を追うごとに関係が安定してきています。アートセラピーの基本、「決まった場所」「決まったセラピスト」「決まった時間」は当たり前のことですが、子どもたちの回復過程に大きく関わっています。
 
  この日は、11月にしては暖かく、外に出て思い切り暴れることにもぴったりでした。大洲青少年交流の家のクラフト室には、すぐに外に出ることができるドアがあり、子どもたちが走り回ったり、色水を撒き散らしたりするのにぴったりな中庭があります。この環境も、子どもがこころを解放し、抱えてしまった苦しいものを吐き出すには最適です。
 

 今月も子どもたちは、それぞれの方法でポジティブなものも、ネガティブなものも色や形にして表現してくれました。中でも多くの色を混ぜ合わせた時にできる、暗い、鈍い緑色は自然災害に限らず、こころにダメージを受けた時の回復過程に必ずと言っていいほど出てくる色です。この色が出てくると、ホッとするのと同時に、「よくがんばったね!」と抱きしめたい気持ちになります。
 
 形のない表現方法で苦しいものを表現している子もまだまだたくさんいますが、形になってきた子も増えてきました。こころに元気を取り戻していく子どもたちからは大きな再生力が感じられ、いきいきとした表情に溢れたクラフト室は気がつけば、暖かく、明るい空間になっていました。
 
 また、この日は大きなおまけもありました。体育館で練習していた愛媛県警音楽隊が見学させてくれたのです。これもまた貴重な機会でした。
 
 
 このケア活動を支えてくださっている、
あおぞら募金のご協力者のみなさん、
大洲青少年交流の家、
ボランティアスタッフのみなさん、
学童保育スタッフのみなさん、
保護者の方々や地域のみなさん、
多くの方々のお支えで子どもたちのケアは進んでいます。
 
 ケアは続きます。みなさまのご支援、ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
line

2018/10/29西日本豪雨愛媛県子どものこころのケア報告


みなさまにご支援いただいたクラウドファンディングにより、第一段階となる3回のおえかきケアの終了報告をReadyforにアップしています。ぜひ、ご覧ください。

引き続き、1月まで3回、合計6回の実施を目指しています。

あおぞら募金にご協力いただきますようお願い申し上げます。

◆募金箱へ:
色彩楽園、あおぞら色彩楽園で受け付けています。

◆あおぞら募金振込先:  
◯ゆうちょ銀行 0九九店 当座 00950-2-99008 色彩楽園  
◯三井住友銀行 神戸駅前支店 6906726 
色彩楽園 代表 藤井昌子(シキサイガクエン ダイヒョウ フジイマサコ)


 
line

2018/10/26西日本豪雨愛媛県子どものこころのケア

<西日本豪雨愛媛県子どものこころのケア>

10月24日、第3回おえかきケア終了しました。
8月から10月までの3回のプログラムは、クラウドファンディングにより活動資金の確保ができました。
ご協力いただいた Aさんよりメールをいただきました。

「藤井先生、ご無沙汰しております。この度はプロジェクト成立おめでとうございます。
お便りとニュースをいただきまして、ありがとうございました。

今年は水害を始め天災が多く、大人も不安な気持ちを抱えていますね…こんな時こそ、子どもの心のケアに寄り添う先生方の活動が多くの方に知ってもらえ、広がっていくと良いなと思っています。続けることの大切さを先生からいつも学んでいます。

秋も深まり、過ごしやすい季節になってまいりました。
季節の変わり目、どうぞ体調にお気をつけてください。ありがとうございました。」

引き続き1月まで全6回のおえかきケアを目指しています。
あおぞら募金にご協力をよろしくお願いいたします。

◆募金箱へ:
色彩楽園、あおぞら色彩楽園で受け付けています。

◆あおぞら募金振込先:
<ゆうちょ銀行 0九九店 当座 00950-2-99008 色彩楽園>
<三井住友銀行 神戸駅前支店 6906726 色彩楽園 代表 藤井昌子(シキサイガクエン ダイヒョウ フジイマサコ)>

line